テロ、移民、感染、差別……SNSのトレンドが高速で更新される現代において、「変わらない一日 = 日常」は可能だろうか?グロボカールの作品の演奏 / 翻訳を通して「同時代」を見つめ直す。

曲目:
《エシャンジュ》 (Échanges)
《レス・アス・エクス・アンス・ピレ》 (Res/As/Ex/Ins-pirer)
《器楽化された声》 (Voix Instrumentalisée)
《変わらない一日》*(Un jour comme un autre)日本初演

会場:北千住BUoY(北千住駅徒歩10分)
日時:2020年3月1日(日) 15:00開演(14:30開場)
料金:一般券3000 円, 学生券2500円(当日はいずれも500円up)

………………………
作曲家、演奏家ヴィンコ・グロボカール(1934-)は、その多岐に渡る音楽活動を通して、常に音楽家の政治的・同時代的なあり方を厳しく言及してきた。
本公演は、1973年の3つの独奏作品、1975年のシアター・ピース(音楽劇作品)というグロボカールの初期作品によって、全曲が構成されている。
3つの独奏作品は、特殊奏法や楽器の改造による破壊的なノイズに埋め尽くされている。情緒や美しさといった従来的な音楽の美意識はバラバラに解体されてしまう。
《変わらない一日》(日本初演)は、1972年に実際に起こった事件に由来するシアター・ピースである。移民・公権力・国民を取り巻く、差別、暴力、疎外を生々しく描き出すことによって、社会問題を告発する。
………………………

予約:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd5uP2NtqffMeKqqyy_6OBLF6ppmy35MbalwgM5YLAsntah4Q/viewform

問合せ:
sakamoto.tuba.concert[@]gmail.com

出演:
坂本光太(チューバ他)
馬場武蔵 (指揮)*
根本真澄 (ソプラノ)*
Alvaro Zegers (クラリネット)*
佐野幹仁  (打楽器)*
下島万乃 (チェロ)*
水野翔子 (コントラバス)*
小野龍一 (演出)
増田義基 (音響)
植村真  (照明)
山下直弥 (制作)

助成:
一般財団法人福島育英会
公益財団法人光山文化財団