増田義基 / Yoshiki Masuda

1996年生まれ。音楽家、サウンドデザイナー。栃木県在住。

東京藝術大学音楽環境創造科在籍。在学中にMax/mspを用いた音響合成や空間音響の技法とアニメーションや映像へのサウンド・デザインを学ぶ。
環境音の採集、演奏、音響プログラミングによる電子音響の生成を往復して、電子音楽の作曲を中心に演劇や映像作品、インスタレーションなどの音楽・音響制作を包括的に行う。音楽と非音楽の領域で活動する演奏者やパフォーマーを集めて集団合奏を行う「かさねぎリストバンド」主宰

2016-2017にかけ、teamLab Inc.で音響エンジニアとしてアルバイト勤務。
今までに山田栄二、森威功に師事。 クマ財団奨学生2期生。

– 受賞歴
CCMC2016 MOTUS賞 受賞
東京芸術大学 安宅賞(2017) 受賞。
ダムでのレコーディングを行ったかさねぎリストバンド「絶滅種の側から」が、日本オーディオ学会主宰「音の日」コンペディション 最優秀賞受賞。